2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新入部員、来る」 by やまが - 2011.06.16 Thu

なななんと、待望の新入部員が増えました。

まだ正式な入部ではありませんが、
相変わらず、人手不足の映画研では、
気にせず本ブログで新入部員としてしまいます。( ^^) _旦~~

部員も増えたことですし、今までより一層モチベーションが
上がるってもんです。そりゃもうグングーンとね。


しかし人手が足りない、えらい足りない。

映画の監督してみたいとか脚本書いてみたい、または役演じてみたいって人、
映研に入ってくれないかなぁ。

以上



やまがですー

昔のブログの内容を読み返していたら
2年前の記事です。
やはり今も昔も、映画研はずっと変わらないなぁと思いました。
ちょっと載せときます。

以下

---------------------------------------------------------
どうもお久しぶりの更新です。

新歓を明日(今日?)に控え、ここらで新入生に対する
宣伝をしようじゃないかと思う訳です。


映画研究部は映画を撮る部活です。観るのは主活動には入っていませんから、
みんなで一緒に映画を観ようとかはあまり無いと思ってください。

そして小規模な部活です。早い話が部員が少ない。
入部さえすれば、流れに身を任せて映画を撮る生活が待っていると期待すると、
間違いなく裏切られます。
むしろ主体的に動き、色々な人に働きかけ、コミュニケーションを積極的にとり、
自分で道を切り開いていこうとしなければ、幽霊部員になること必至です。

そこに魅力を感じる人、小規模故の連帯感を感じたい人、理科大映画研を復活させたい人、
入部するとなかなか楽しめるのではないでしょうか。


次に、映画を撮ることの面白さについて少々。

まあ面白い訳です。他の人とあれこれ言い合いながら一つの物を作っていく、
その過程が先ず面白い。うまくコミュニケーションが取れなくて嫌なこともありますが、
チームプレイというか、連帯感というか、仲間意識というか、それが妙に心地よい。

そしてまじめに作品を作ろうとすると、自分の価値観と向き合う必要がでてくる。
自分は何が好きで何が嫌いか。何に関心を持っているのか。映画を撮るって言うのは
そういったものを見つめ直すいい機会になると思うんです。まあ芸術活動全般に
言えることかもしれませんがね。

まあまあ、面白さについてはこの辺で止めときます。文章がだれちゃう。
とりあえず、映画撮るのはなかなか面白い。


さて最後に、映画研究部に興味を持った人、とりあえずメールで連絡をくださいね。
そうすれば直接会うなり、撮影現場の見学の案内なりができますんで。


それでは新入生のみなさーん、入部をお待ちしていますよー。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rikadaieiken.blog116.fc2.com/tb.php/53-42c1b7ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「暑中見舞い」 by やまが «  | BLOG TOP |  » 「近況報告」 by やまが

部会は「金曜」2510にて

Ⅰ部 18:30~:Ⅱ部 21:20~

プロフィール

REK

Author:REK
ご連絡は下記宛にお願いします。
tus.eiken★gmail.com
スパム対策のため@に直して送ってください
--------------------------
東京理科大学映画研究部
    -REK-   です。
ショートフィルムを撮ったり
映画館へ足をのばしたり
仲間募集中です!!

リンク (リンクフリー)

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。