2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京学生映画祭1日目! by ジミー - 2013.05.25 Sat

どうも、前回の演劇以来の更新です!
ジミーです。

今日は第25回 東京学生映画祭を観に行きました。


なんだそれ?という方もいらっしゃると思うので、軽く説明させていただきます。


東京学生映画祭というのは、「学生映画」を募集し、予選を通過した作品を本選で上映し、グランプリを決定する、関東最大規模の学生映画コンペティションと言われています。最も大きな特徴の1つとして、企画・運営すべてが学生によって行われている、といったところでしょうか。ゲスト審査員として、ここから輩出された有名な監督さん達が来場するのも魅力的な部分ですね。

説明は、このぐらいで……


その数多くある作品の中から、予選を生き残ってきた8作品のうち、本日は4作品上映されたのでそのことについて書いていこうと思います!






薄いしきり
青山学院大学 須山拓真監督


この話は、最高級芋焼酎である「薄いしきり」が盗まれてしまったことが始まりです。


面白い話でした!飲んだくれの元役者と気性の激しいミュージシャン。後者はフラれたばかり、と。大方、話の展開が読めたのですが、途中読めない部分もあったりで自分には到底思いつかないものでした。

その後のトークで、題名の意味も理解できましたし、やはり実写で人を笑わせるのって難しいんだなとも思いました。それは僕達の上映会でも把握してはいたのですが……あとは、自分がエンディングで使いたい曲を用いて、話を作る趣向。この作り方もありだなと感じましたね!そして、周りとのコネ、と。





元ゾンビ
桜美林大学 辻村岳瑠監督


題名からも察することができますが、バイオハザードのような話、と思いきや、その感染者がワクチンで元に戻れるようになってからの話なんですね。元感染者である主人公が差別を受ける、というようなもので色々と考えさせられました。


とにかく、血ですよね。協力のところに、赤十字社の名前があって驚きましたが。空撮みたいなシーンが映画っぽくて良かったですし、カラコンの使い方もですかね!それに演技。叫ぶシーンとか難しいと思うので……今日の中で一番、自分がドップリと見入ることができた話でした。





果てしない今
武蔵野美術大学 坂井晶子監督


ただゆっくりと時が進んでいく、雰囲気で伝えるといった感じの話でした。あまりにも、ゆっくりで眠気を誘う……そのぐらいのスローさを覚えました。


やはり台詞が少ない物語は必然的に長く感じるものなんでしょうか?トークを聞くまでは、なぜこの話がここまで残ったのだろう?と疑問でしたが、その後、トークを聞いて、やっぱり有名な監督さん達は見てる観点が違うなと実感。その観点を基に話を思い返すと、確かに!って納得できたんですね。ここまで残った作品というのは、なんでもない話のように見えて、観る角度を変えれば奥深い人間ドラマが見えてくる。改めて、スゴさを知りました。






ふたりで別の歌を
桜美林大学 内田佑季監督


小さなアパートで、母親と娘の2人暮らしをしていた時に、突然、母親が帰らぬ人となってしまう。その娘の心情を実話を基に作られた話。


人間、いつどこでどうなるかわからない。失って初めて、その大切さに気が付く。その2つを僕は観て取れました。合ってるかは別として、ですが。お祭りのシーンがありまして、実際にその会場に行って撮ったのかと思いきや、何もない広場に美術部が1から会場を作り上げたとのことで、それにはビックリしました。意欲の違いなんでしょうか……主人公の女の子も演技が上手くて、憧れました。








少し急いでしまった気もしますが、以上です。


このような行事に積極的に参加することで、新しい発見ができたり、監督の方々から脚本や撮影などが聞けるので、今日は行けて良かったです。

レベルが高すぎて、自分はその足元にも及べないとこにいます。僕も、それに近づいていけるように精進しないと、ですね!



ここまで、読んでいただきありがとうございました!
全体的に拙くて、すみませんでした。



ジミーでした
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rikadaieiken.blog116.fc2.com/tb.php/195-bc09d373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京学生映画祭2日目 «  | BLOG TOP |  » 「たまにはおすすめの映画でも・・・」 by おかもー

部会は「金曜」2510にて

Ⅰ部 18:30~:Ⅱ部 21:20~

プロフィール

REK

Author:REK
ご連絡は下記宛にお願いします。
tus.eiken★gmail.com
スパム対策のため@に直して送ってください
--------------------------
東京理科大学映画研究部
    -REK-   です。
ショートフィルムを撮ったり
映画館へ足をのばしたり
仲間募集中です!!

リンク (リンクフリー)

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。