2017-06

「酒々井の星は今日も泣いている」byえむふら - 2012.03.22 Thu

こんばんは。
たぶんこれが初更新、そんな気がします。渉内担当のえむふらです。

僕はいま、巷で噂の千葉県高級住宅街 酒々井にて くろすさん(自称♀)と自主的合宿を行っています。
通称【酒々井合宿】。
先日、山梨県忍野にて行われた春合宿の延長戦。
といっても、1泊2日の短期計画で、暖房の効いた部屋でこたつを囲んでぬくぬくと映画を見ているだけなんですが
…(・ω・`)

今日見た映画は計5本。
さきほど、くろすさんが感想を書いた「アイ・アム・ナンバー4」もそのうちの1本。
僕からは「シャーロック・ホームズ(2010公開)」の紹介および感想をば。

舞台は19世紀末のロンドン。みなさんご存知、名探偵シャーロック・ホームズとその助手ワトソン君のコンビが数々のピースから最終的に難解な事件を解決していくストーリー。
原作のイメージから謎解きミステリーかと思いきや、目を見張る駆け引きの連続する殺陣や、迫力ある仕掛けなど、アクション色の強い作品。
ホームズの推理に感心する助手ポジションという一般的なイメージから少し逸脱したワトソン君のキャラには注目です。
やれやれホームズ感を漂わせつつも世話を焼いてしまう腐れ縁の頼れる兄貴分といった存在。
天才的なホームズの推理を観客に提示する際のトリガーとしても機能しており、その人間味あふれるキャラから劇中もっとも愛着が湧くのではないでしょうか。
19世紀ロンドンの街並みを再現するためにまるまる街のセットを作ったということもあり、当時の人々の生活感がよく伝わってきました。何気ない1シーンの背景にも随所こだわりを感じます。

現在公開中の「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」も春休み中に劇場へ足を運ぶつもりです!


ところで、「酒々井」って何て読むと思います?
ヒント:地名「酒井」の読みは、 さかい《sakai》です。
わかった人は、今日1日しあわせな気分になれるかも(。・д・)ノ★⌒☆
ググるのは最終手段。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rikadaieiken.blog116.fc2.com/tb.php/116-4937e680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ひやしんす」byくろす «  | BLOG TOP |  » 「第二回春合宿」byくろす

部会は「金曜」2510にて

Ⅰ部 18:30~:Ⅱ部 21:20~

プロフィール

REK

Author:REK
ご連絡は下記宛にお願いします。
tus.eiken★gmail.com
スパム対策のため@に直して送ってください
--------------------------
東京理科大学映画研究部
    -REK-   です。
ショートフィルムを撮ったり
映画館へ足をのばしたり
仲間募集中です!!

リンク (リンクフリー)

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード